法律問題でお悩みなら、ヒラク総合法律事務所にご相談ください。岩手県北上市にある弁護士・社労士の事務所です。平日午後6時30分まで営業しております。法テラス無料相談利用可能です。
業務案内
借金問題・過払金返還請求

 借金を整理する方法としては、自己破産手続、個人再生手続、任意整理があります。借金の減額効果が高い順にならべると、一番は、自己破産手続、次に個人再生手続、最後に任意整理となります。

◇自己破産手続
 自己破産手続は、裁判所を利用する手続です。免責が認められれば、借金を支払う必要がなくなります(ただし非免責債権という例外はあります)。
 自己破産手続は、同時廃止事件と、管財事件とがあり、多くは、同時廃止事件で処理され、比較的短期間で終了します。
 不動産等の財産があったり、ギャンブル・浪費等で多く借金した場合、管財事件として処理されます。この場合、破産管財人の費用(20万円)を用意しなければなりません。

◇個人再生手続
 個人再生手続も、裁判所を利用する手続です。平成13年に導入されました。借金の額が500万円以内であれば、100万円に、借金額が500万円を超える場合は、5分の1に圧縮できます。
 圧縮した借金を、原則3年間で支払いますので、100万円に圧縮した場合、月々約2万8000円を支払えばよいことになります。
 自己破産はしたくない方、仕事の関係で、自己破産はできない方が利用しています。ただし、最低、月約2万8000円は支払うことになるので、安定した収入があることが必要です。
 住宅ローンがあるが、住宅を手放したくないときに利用を検討する手続でもあります。

◇任意整理
 上2つの手続と異なり、整理したい借金だけ選択できます。裁判所を利用しませんので、短期間で終了しますが、多くの場合、残元金は支払うことになります。

◇過払金請求
 借金を整理する過程で、過払金が発生しているかチェックします。発生していれば、返還請求します。消費者金融や信販会社と、長年、取引している方、ご相談ください。 過払金の消滅時効は10年です。

交通事故による損害賠償請求

 自動車保険の弁護士費用特約を利用した場合、相談料も含めて、依頼者が自腹を切ることはありません。 弁護士費用は、保険会社が支払ってくれますので、勝ち取った損害賠償金も全額、依頼者にお渡しします。お気軽にご相談ください。
 以下、特に、印象に残っている事案を挙げます。
▷ 自転車と自動車の交通事故において、自転車を運転していた被害者の訴訟代理人として、保険会社の示談提示額が0円(約22万円の過払)だったにもかかわらず、損害賠償金として290万円を勝ち取る和解をすることが出来ました。(平成26年解決事案)
▷ 四輪車同士の追突事故において、被害者(後遺障害なし)の代理人として、訴訟をし、保険会社の示談提示額が5万5000円余りだったにも関わらず、損 害賠償金として110万円を勝ち取る和解をすることが出来ました。(平成27年解決事案)

顧問契約・労使問題

 法人又は個人で事業を行っており、継続的に法的サービスを受けたい場合、顧問契約がおすすめです。
顧問契約をしていれば、相談はいつも無料。事件処理依頼の場合も、通常より減額いたします。労使問題にも対応します。顧問料は月2万1600円~になります。なお、産業カウンセラー資格も有しております。

離婚問題

 離婚問題では、一般的に、①離婚、②親権者、③養育費、④財産分与、⑤年金分割、⑥慰謝料、⑦面接交渉について合意する必要があります。
 夫婦間の話し合いで合意できない場合、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることになります。できるだけ、調停で解決したいところですが、もし、調停不成立となった場合、家庭裁判所に、離婚訴訟を提起することになります。
 なお、離婚調停のご依頼を受けたものの、調停は不成立、離婚訴訟となった場合は、離婚訴訟の着手金を一定程度減額いたします。

建物明渡請求

 家賃を滞納している借主に退去を求めたい場合、訴訟で解決していくのが望ましいのですが、家賃は入らないうえに、多額の弁護士費用がかかっては、弁護士に依頼する気にもなれないと思います。

そこで、当事務所では、居住用のアパート、マンションの家賃滞納による建物明渡請求の弁護士費用を、解除通知2万1600円又は4万3200円、訴訟着手金10万8000円、報酬金10万8000円にいたしました。
判決を得ても借主が退去しない場合には、強制執行をせざるを得ませんが、その場合の申立費用も5万4000円、現場立会料1回2万1600円といたしました。

なお、強制執行の場合、執行官に納めたりする費用が別途必要になります。

また、滞納家賃の回復については、別途ご相談ください。

遺言・遺産分割・相続放棄

◇遺言
 遺言書を作成しておくと、不動産をもらった人が単独で登記できるので、大変便利です。また、推定相続人に行方不明の方がいたり、判断能力が低下している方がいると相続手続は大変難しくなりますので、是非、遺言書作成をご検討下さい。
ご夫婦で遺言書を作成することもできます。その場合、予備的遺言で、夫→妻の順で死亡、妻→夫の順で死亡、どちらも対応できます。

◇遺産分割
 相続争いが発生した場合、遺産分割のお手伝いをします。また、土地建物の名義が故人のままになっているが、相続人が多くて、相続登記ができずにいませんか。放置すれば、ますます相続人は増えていきさらに困った事態になります。
あなたの代で解決しましょう。戸籍謄本等の取得から遺産分割審判まで、お手伝いします。

◇相続放棄
 被相続人が多額の借金を負っていた場合、相続放棄が必要です。借金で苦しまないためにも、すぐにご相談ください。

ヒラク総合法律事務所
TEL:0197-72-7380, FAX:0197-72-7381
〒024-0061
岩手県北上市大通り一丁目3-27
入山北ビル6階  ※駐車場あり
営業(受付)時間  9:30~18:30
定休日                 土・日・祝

※事前のご予約があれば、土曜日(9時から12時)の相談も対応いたします。

代表者

岩手弁護士会所属

深瀬 墾(ふかせ ひらく)

ひらくの社労士合格塾 社会保険労務士試験に合格するための、受験勉強の方法や心得について書きました。